ムカデ人間2

映画
02 /08 2017

前作が物足りなかった(と言ってる自分もどうかと思うが)ので、早速2作目を鑑賞。
いや、1作目はプロローグに過ぎないじゃないか!
今作こそが最狂最悪のゲテモノ映画だった!
今作に向かうために1作目をああいう作りにしたのかな?というぐらい。
1作目とのつながり設定も秀逸、テイストも変えて、何と言ってもあの主人公の存在。。
いやぁ、久しぶりに最悪の映画体験だったわ。。

スポンサーサイト

ムカデ人間

映画
01 /31 2017

今まで怖くて手をつけてなかったが、いろいろ耐性もついてきたので、見てみた。
意外と抑制を効いてて、無駄に格調高い作品になってるなとw
手術シーンや排泄シーンなど、「何を見せられるんだ!?」とビビりながらも期待したシーンは、意外とあっさり。
いろいろ気を使った結果なんだろうか。
女が逃げるシーンなどは、現実味のない行動で、こっちのテンションを下げさせられる。
こんなシーン削って、もっと手術シーンなどをノンブレーキでやっちゃって欲しかったという気持ちにもなったり。

しかし、アイディア自体は最狂最悪なのは間違いない。
この映画、事前情報なしで、出会い頭で見ちゃったら、どうなるんだろう、どんなトラウマを残すんだろう、と変な妄想をしてブルブルしました。

ドント・ブリーズ

映画
12 /29 2016

アメリカでも大ヒット中、待望のホラー映画『ドント・ブリーズ』を鑑賞。
最初は、意外とあっさり登場人物死んじゃって、「アレ、このまま淡々と進んだらいやだなぁ・・」なんて思ってたら、そんなの杞憂だった。
まさかの展開に唖然。
最悪の所業が待っていた。。
わからんけども、それだったら普通にレ◯プされるほうがいいんじゃねぇか、とさえ思ってしまった。
いやぁ、面白かった。。


ホステル2

映画
12 /05 2016

イーライ・ロス監督のホステル2。
前作の設定をきっちり引き継いだ続編という感じ。

相変わらず、なぜか笑ってしまう残酷描写が楽しい作品だが、少しテンポが悪いような気がする。
しかし、主役のローレン・ジャーマンという女優さんが非常に整った顔をしてらして、それを見てるだけでも大満足でございます。
アレをアレするシーンはもう、最高というか最低というかw


キャリー

映画
10 /06 2016


新旧、両方見ました。

まず、クロエ・グレース・モレッツちゃん主演の2013年版。
全体的にフリが甘くて、のっぺりとした作品という印象。
はっきり言っておもしろくない。

だがしかし、ブライアン・デ・パルマ監督による1976年版は、映画史に残る傑作だそうで。
2013年版を先に見ていて、あらすじは頭に入っているのに、こちらはさすがの怖さ!
プロムのシーンでは、キャリーのピュアさがめちゃめちゃ愛らしい!
しかしそこからの、逆襲シーンのキャリーの顔の怖さ。
いやぁ、女優さんってすごい。


グリーンルーム

音楽
09 /18 2016


念願のしたまちコメディ映画祭に参加してきました。
映画秘宝まつりで、「グリーンルーム」と「ナイスガイズ」のプレミア上映2本立て!
さらに、町山さん、高橋ヨシキ、水道橋博士のトーク付き!
最高に楽しくて、来年もぜひ行きたい。

さて、グリーンルームの方は、人体破損描写がすごくて、ただただ怖かった。。
もっと笑いどころのある映画かと想像していたのだが。。
ホラーホラーでも怖すぎて笑っちゃう」みたいなやつは好きなんですけどね。


ノック・ノック

映画
06 /28 2016


さすがのイーライ・ロス監督。
今までに見たことのない一級品のホラー映画
笑っていいのか、怖がっていいのか。。

無表情なイメージのあるキアヌ・リーブスの主演起用が素晴らしい。
今までに見たこのないキアヌの表情の振り幅。
壮大なフリとオチが華麗なまでに決まっていますw


ブラックスワン

映画
04 /18 2016


テレビでやってたので、再鑑賞。
いやぁ、改めて過剰な映画だなぁ。
ダーレン・アロノフスキーすごいわ。

しかし、主役のナタリー・ポートマンはメンタル弱すぎじゃないかw
あんなもんなのかねぇ、芸術の極みに挑むということは。


プラネット・テラー

映画
04 /05 2016


いやぁ、好きだわ、こういうの。
全体的なルックがかっこいい。

B級という敷居の低さからくる、奇想天外な演出やストーリーも、ただただ楽しく感じられる。

片足マシンガンのアクションの数々。
レイプ魔タランティーノの、ち○こ崩壊表現。。

いやぁ、最高のカルト映画だと思います。

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。