ドクター・ストレンジ

映画
02 /10 2017

新たなマーベルのヒーロー
アベンジャーズは現実世界の平和を守り、ドクター・ストレンジはまた別次元の世界を守る、ということらしいです。
なので、ファンタジー要素多め。
しかし、ファンタジー苦手な自分もそれなりに楽しめました。

ま、いろいろ突っ込みたい要素も多いですが(アジア人少なすぎな件とか)、新キャラクターの出だしとしては、合格点を叩き出しているので、さすがマーベルという感じです。
今後の展開に期待。

スポンサーサイト

バットマン フォーエヴァー

映画
12 /11 2016

監督をジョエル・シュマッカーに変えての3作目。
ティム・バートン色はぐっとなくなり、ゴッサムシティは現代っぽくなる。
深みはなくなったが、アメコミヒーローものとしては見やすくなった印象。

しかし、トゥーフェイスの存在感がどんどんなくなっていくのが残念w
ジム・キャリーのハマりっぷりがおもしろい。
が、コミカルで怖さに欠けるため、ノーラン先生にもっとダークに作って欲しいなとおもってしまったり。


バットマン リターンズ

映画
12 /10 2016

ティム・バートンのバットマン2作目。
町山さんや高橋ヨシキ氏も絶賛の作品。
なるほど、重層的で興味深い作品。
まだ心底理解できている感じではないが、何度も見返してみると良いかもしれない。

バットマン役のマイケル・キートンは相変わらずの無表情で、感情移入不可能。
というよりも、ティム・バートンは完全に悪役の方に感情移入しちゃっているのがおもしろい。
ペンギンが苦悩を吐露するシーンや、最後の埋葬シーンなどはグッと来るものがあるし。
そして悪役3人がそれぞれ、バットマンと共通する部分を持っており、アメコミヒーローものとしてはカタルシスを感じにくい構造ではあるが、そこがまた興味深い。
ティム・バートンの独特な世界観が炸裂している映画である。

そしてなんといっても、ミシェル・ファイファー演じるキャットウーマンが最高。
ルックス、演技、生い立ち、衣装、アクション、そしてクライマックスまで、すべてが完璧。
高橋ヨシキ氏が、悪魔が憐れむ歌の表紙に据えるのも納得である。

スーサイド・スクワッド

音楽
09 /14 2016


楽しみにしていたスーサイド・スクワッドを見てきた。
感想としては、昨今のアメコミ大作を見たときに抱きがちな感想となった。
それは、「絵面はスゲェけど、ストーリーは納得しづらい…」というやつ。
つまり、ストーリー上に突っ込みどころが多い。

まず、超人的能力を持った犯罪者集団による軍隊《スーサイド・スクワッド》の設立が提案される。
その時点では、切実な危機状況ではないので、「そんなもん承認されるわけねぇだろ!」と思うわけだが、結構あっさり承認される。
で、案の定、コントロールできない部分が出てきて、最強の敵を生み出す結果となる。
つまり、「お前がそんな部隊作らなければ、こんなことにならなかったんじゃね!?」という話になっちゃっている。

他にもいろいろと、スーサイド・スクワッド崩壊の危機はあるわけだが、そこは意外と政府に都合よく動いてくれるご都合主義的展開が繰り広げられる。
凶悪な犯罪者集団が「割とまともじゃん…」と、残念に思えてくる。

他にも、
・なぜ、デッドショットはハーレイ・クインを逃したの?
・なぜ、ハーレイ・クインは戻ってきたの?
・首に埋められたそのシステム、簡単に破られるのね。。
・クライマックスのハーレイ・クインのセリフ、だせぇよ。。
などなど、納得できない部分は多く、最後まで熱くなれないままスクリーンを眺めていた。

と、ダラダラと文句を書いてきたが、実はそれなりに楽しんでもいる。
全体的な映画のルックはかっこいいし、いい音楽もいっぱいかかってあがる。
各キャラクターの背景をもっと描けよ!という文句は、逆に言うと各キャラクターへの興味の現れでもあるし。
特に、ハーレイクインがジョーカーに落ちるとことかは、もっとキッチリ描いて欲しかったなぁ(レクター博士のように狂おしくも魅力的なキャラクターとして、ジョーカーに君臨して欲しかった)。

おっと、また文句になってしまったが、今回でアメコミ映画との接し方が分かったような気がする。
初見では、当然ストーリーを把握しないといけないため、上記のようにストーリー上のおかしさや欠点ばかりが目についてしまう。
これはスーパーヒーローというファンタジーを描く以上、もうしょうがないのだと思う。
しかし、欠点ばかりが目につく初見を乗り越えると、ストーリーや各キャラクターへの愛着がインプットされているため、2回目からは単純に目の前で起こっていることを、かっこいい絵面とともに楽しめるのだ!きっと。
アベンジャーズも、最初は全然乗れてなかったが、今では大好きだ。
DCはマーベルと比べ、圧倒的に笑えるポイントが少ないが、本作はなかなかいい素材なので、これからも頑張って欲しいところだ。


デッドプール

06 /05 2016


宣伝など、やたらの盛り上がってる感のあるデッドプール。
ちっさいフィギュアが貰えると聞いて、初日に見てきました。

だいぶふざけた映画だと聞いていたせいか、意外と真面目にやってるなという印象。
字幕で見たのですが、吹き替えも評判がいいので、もう一回見てみようかなと。

今後、アベンジャーズとの絡みはあるのでしょうか?
楽しみですね。


シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

映画
05 /15 2016


アメコミものは、いまいち苦手で、楽しめていない印象であったが、本作は楽しめた。
冒頭のアクションシーンから釘付け。
キャプテン・アメリカを相手に、あの敵の強さったら。

前作を見ていないので、若干置いてけぼりをくらった部分もあるが、また一からマーヴェル作品を見返したくなった。


バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

映画
04 /01 2016


いやぁ、どうだろう、これは。
とにかく前半が退屈だった。
特にアメコミ苦手意識があり、『マン・オブ・スティール』も全然楽しめなかった自分には、納得しづらいことが盛りだくさん。
「いったいどういう設定で、この物語は進んでいるんだ?」とイライラしてしまった。
何よりも、バットマンとスーパーマンの対立理由が、とても納得しづらい。

まぁ、後半のアクションが始まってからはそれなりに楽しめた。
ワンダーウーマンはかっこよかったし、ラスボス的なやつも迫力あった。

なんだかんだいって、これからもこのシリーズは見続けてしまうんだろうけど。
それだけに頑張ってほしいねぇ。

アントマン

映画
02 /27 2016


DVDを日本語吹き替えで見たのですが、これ最悪のセッティングでしたw
字幕版を劇場で見るべき作品です。

まず、日本語吹き替え。
女性キャラクターの”ホープ”の吹き替えが看過できないぐらい「下手くそだな〜」と思ってたら、エンドロールでズッコケ。内田有紀でした。
みんな大好き、マイケル・ペーニャ役のブラマヨ小杉もひどかった。
もう、こういうキャスティングやめろっての。

で、タイトル通り、蟻のように小さいアントマンが活躍する話でして、それだけでなく、その仲間として蟻軍団も活躍するわけです。
なので、広い画面の中で小さいキャラクターがちょこちょこと動いてるみたいなカットが必然的に多くなるわけです。
結果的に、自宅の38インチのテレビでは、ちょっとストレスが溜まるという。

そんな最悪のセッティングだったので、あまり楽しめませんでした。
まぁ、エドガー・ライトや、アダム・マッケイが脚本に参加してるだけあって、笑える部分は多くあったけど、ただそれだけって感じでした。

take

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。